自分の肌質チェックをする方法

人の肌質には「普通肌」「脂性肌」「乾燥肌」「混合肌」があります。
それぞれ肌の環境が違うため、使用するのにおすすめのスキンケア用品というのも違ってきます。
自分の肌質に合ったスキンケア用品を使わなければ、肌を良くするどころか悪化させてしまうので、自分の肌質をチェックして正しいスキンケア用品を使用しましょう。

肌質チェックは専門家が確実

肌質をチェックすることは自分でもできますが、実は上記の4つの肌質は同じ肌質でも微妙に違いがあったりするので、細かく知りたい場合は専門家にチェックしてもらうのが一番おすすめです。

専門家といっても病院に行くわけではなく、デパートの化粧品売り場の美容部員さんなどでもOKです。なかなか男性はチェックしてもらうのに抵抗があるかと思われますが、最近では男性でもスキンケアを行う人が増えたので、違和感はありません。

スキンケアを行っているにも関わらず自分の肌トラブルが解決しない人は、根本的に肌質に合っていないスキンケア用品を使っているということもありえますので、そういった人ほど専門家に肌質をチェックしてもらうことをおすすめします。

自分でチェックする場合

自分で肌質をチェックする方法は簡単で、いつもどおり洗顔をした後に化粧水や乳液を付けずに放置しておくだけです。放置する時間は10分~20分程度。だいたいこのぐらい放置しておけば、それぞれの肌質ごとに変化が見られます。

肌がつっぱった感じで、口周りなどに白い粉が出る場合

この場合は乾燥肌だといえます。乾燥肌タイプの人は水分量も皮脂量も足りていない状態なので、洗顔後にしっかりと化粧水・乳液をつけておかないと肌トラブルが起きやすいです。化粧水・乳液はしっとりしたタイプのものを使い、数回に分けて少量ずつ肌全体になじませながらつけていきましょう。

肌につっぱった感じはないが、額や鼻、アゴなどに脂っぽさがある

この場合は脂性肌だといえます。脂性肌の人は、通常時の皮脂の分泌量が多いため、サッパリ目の化粧水を使用し、乳液は必要ありません。思春期ならば自然と皮脂の分泌量が増えるので仕方ないのですが、成人している場合は偏った食生活や生活習慣などが悪いのが原因なので、改善するようにしましょう。

肌がつっぱった感じで、額や鼻、アゴなどに脂っぽさがある

このような場合は混合肌だといえます。混合肌は部分的に違う肌質をなので、その肌質に合ったスキンケア用品を使い分けましょう。

肌がつっぱった感じはなく、額や鼻、アゴなども脂っぽさは感じない

この場合は普通肌だといえます。普通肌は水分量も多く皮脂量も普通なので、肌トラブルが起きにくい健康的な肌だといえます。このタイプの肌質の人は化粧水・乳液はしっとりタイプを少量だけ使用するだけで大丈夫です。逆にスキンケアをしすぎると肌の状態が悪化し、上記のような肌質になってしまうので注意してください。

自分の肌質が分かったら以下のページから自分に合ったメンズコスメを探してみましょう。

メンズコスメの選び方
現在はメンズスキンケアも一般的になってきており、メンズコスメ(男性用化粧品)の種類も増えてきました。しかし種類が増えることはいいことばかりでなく、初めてスキ...