商品記事の詳細

10代のときにできる思春期ニキビと違い、20歳を超えてもできるニキビを大人ニキビといいます。思春期ニキビと大人ニキビは名前が違うだけで同じニキビだと思われるかもしれませんが、実はこの二つには違いがあります。

主な違いは「ニキビができる原因」

まず思春期ニキビは成長期によるホルモンバランスの崩れから、皮脂が過剰に分泌されニキビになります。そのため、ホルモンのバランスが取れるようになる18歳ぐらいになると、自然にニキビができなくなってきます。

しかし大人ニキビは違います。

【大人ニキビができる原因】

  • 古い角質が毛穴を防ぐことによって皮脂が排出されなくなり、皮脂をエサとするアクネ菌が繁殖するから
  • 食生活の偏り、ストレス、睡眠不足、運動不足によるホルモンバランスの乱れ

ニキビができると皮脂が原因だと考えがちですが、大人ニキビの場合は皮脂以外に原因があることが多いです。これを理解せずにニキビケア化粧品を試してばかりでは「ニキビが治らない、この商品はダメだ」ということになりかねないので、しっかりと原因を理解してニキビの改善を行いましょう。

また、男性の場合は上記以外にも以下のような大人ニキビができる原因があります

洗顔の仕方が悪い

洗顔
古い角質が毛穴に詰まるとニキビができてしまいます。洗顔の基本は『泡を大量に作り、指は顔に触れるずに泡だけで洗っていく』というものなのですが、この基本を知らない男性も多いかと思います。ゴシゴシ洗うと肌が傷つきやすく、ニキビができるほど弱っている肌だと余計にニキビができやすくなってしまいます。

また、力強く洗うと皮膚を守るために必要な皮脂まで洗い流してしまいます。すると、肌の防衛機能が働き、より皮脂が過剰に分泌してしまい、結果的にニキビができやすくなります。

男性の中には洗顔をあまり気にしない方も多いですが、洗顔の仕方を変えただけでも肌のコンディションが良くなることは十分にありえます。また洗顔だけではなく、洗顔後のケア(化粧水や乳液での保湿など)をすることも重要です。洗顔後は肌が乾燥しがちで、実は肌が乾燥するとニキビの原因になる皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

もし洗顔後にケアをしていないのなら、ニキビができる原因は洗顔後のケアにあるかもしれませんよ。

関連記事:【メンズ向け】正しい洗顔方法と7つの手順

生活習慣が悪い

大人ニキビに悩んでいる方で「どのニキビケア化粧品を使っても効果が感じられない」という方がいますが、そういった人は生活習慣に原因があるかもしれません。社会人の男性だと仕事のストレスやお酒・タバコ、偏った食生活、睡眠不足が多いですね。ストレスや残業による睡眠不足など、どうしても回避することが難しいものもありますが、治せるとこから確実に治していくことが大切。

また、食生活の改善が難しい場合はビタミン剤を使って、体に必要なビタミンを上手に摂取していく方法もおすすめ。特にビタミンCは「皮脂の分泌を抑える」「ニキビによる炎症を抑える」「ニキビ跡を消すコラーゲンの生成を促進する」といったように、ニキビに効果がある機能をたくさん備えています。

ニキビに効果がある以外にも「ストレスを軽減させる」という効果もありますから、ストレスを受けやすい人はビタミンCを多くとってみてはどうでしょうか?

また、ニキビケア化粧品の中にはビタミンCをメイン成分として含んでいるものもありますので、そういった化粧品を使ってみるのもニキビを治す近道でもあります。化粧水タイプが多いので、夜のお風呂上りや朝の洗顔後にパパッと手軽につけられておすすめです。

関連記事:ニキビに効く化粧水ランキング


関連記事

春・夏のメンズスキンケア特集

夏のアクティブに必須!メンズ日焼け止め特集

夏の汗対策!電車で手放せない人気制汗グッズ特集

夏に間に合う!お得なメンズ脱毛

RINX
ページ上部へ戻る