体臭

おじさん臭い?気になる男の加齢臭の原因と対策

おじさん臭い?気になる男の加齢臭の原因と対策

最近では「加齢臭」という言葉をよく耳にするようにもなりましたね。40代以上や50代以上の男性だけがなるものではなく、早い人なら30代や20代後半でも「加齢臭かも・・・」と気になっている人も多いと言われています。また、最近では加齢臭とは臭いや原因が違うミドル脂臭なんてのも出てきて、男性の体臭対策は昔よりも複雑になっています。

加齢臭の原因は「ノネナール」という物質にある!20代・30代の場合は違う原因かも?

加齢臭のことについて既に調べたことがある方なら「ノネナール」という言葉をご存知かと思いますが、加齢臭の原因はノネナールにあると言われています。

もともと加齢臭を発見・命名したのは資生堂であり、研究の結果で「人の体は年齢を重ねるほどノネナールが増え、ノネナールがロウソクや古本のようなニオイを発する」ということを発見したそうです。

加齢臭の原因となる成分「ノネナール」は、1999 年に資生堂の研究員が世界で初めて解明しました。(※ノネナールは資生堂の登録商標です)
皮脂の成分は加齢とともに変化し、40 歳を過ぎた頃から脂肪酸の一種である「9-ヘキサデセン酸」や、活性酸素によって酸化された脂質「過酸化脂質」などが増えてきます。
9-ヘキサデセン酸自体は無臭ですが、過酸化脂質によって酸化が促進されると、脂臭くて青臭い「ノネナール」がつくられます。
ノネナールが多くなると、汗や皮脂のニオイと混ざって中高年特有の体臭と感じさせます。

引用元:あなたは大丈夫!?加齢臭対策

資生堂の研究によると、ノネナールは40代以降に増えてくるため、20代や30代ではあまり見られない物質だそうです。
なので、もし20代や30代で「加齢臭がするかも・・・」という場合は違うものが原因である確率が高いと言えます。

  • 40代男性・・・・・加齢臭の可能性大!
  • 20代30代男性・・・別のことが原因かも?

20代・30代でも臭う!ミドル臭とは?

40代を過ぎてノネナールが増える原因は脂肪酸の一種である9-ヘキサデセン酸活性酸素が増えるからだと言われています。
9-ヘキサデセン酸自体は無臭なのですが、活性酸素によって酸化されるとノネナールへと変化してしまうそうです。

ノネナールができるまでを紹介した画像

加齢臭の対策方法は「活性酵素を減らす」「汗や皮脂を綺麗に拭き取る」こと

生活習慣を見直して活性酵素を増やさない

もともと活性酵素は体内の細菌などを駆除するための物質ですが、ストレス喫煙飲酒睡眠不足偏った食生活などの生活習慣があると体の抵抗力を上げるために数が増えてきます。
しかし、増えすぎた活性酵素は戦う物質が存在せず、やがて9-ヘキサデセン酸のような物質まで酸化させてしまうわけです。

なので、まずは日ごろの生活習慣を見直すこと。
人によっては難しいかもしれませんが喫煙・飲酒はなるべく控え、食事も脂っこいものは控えて野菜をしっかりと採るようににしておきましょう。
特にビタミンE「若返りのビタミン」とも呼ばれており、活性酵素を抑える抗酸化作用効果があると言われているので、積極的に摂っていきたいビタミンだと言えます。

【ビタミンEが多い食品】
ひまわり油、綿実油、マーガリン、アーモンド、落花生、イクラ、うなぎ、たらこ、明太子、数の子、マヨネーズ、抹茶、とうがらし

また、働いているとなかなか時間を取るのが難しいかもしれませんが「運動」もとても大切です。
「ハードな運動は逆に活性酵素を増やしてしまう」と言われていますので、ウォーキングや自宅での筋トレなど軽めのものでOKです。
運動はストレス発散にもいいので、趣味やストレス発散の方法があまりない方は特におすすめです。

汗や皮脂を増やさない

また、ノナネールは汗や皮脂と混ざることで加齢臭になってしまうので、汗や皮脂の少ない清潔な肌に保っておくことも大切です。
ある程度年齢が増えるとノナネールが増加するのは仕方がないことなので、生活習慣の見直しと一緒に対策しておく必要があります。

【汗や皮脂を増やさない4つの方法】

  1. スーツのような頻繁に着る服は皮脂や汗が溜まりやすいので、こまめに洗濯をする
  2. 脂っこい食事を控え、皮脂が過剰に出ないようにしておく
  3. ストレスは皮脂の過剰分泌を引き起こすので、ストレスを溜めないようにする
  4. 入浴・シャワーで汗や皮脂を洗い流し、ニオイを抑えられるデオトラント配合のボディソープを使う

上記の4つが汗や皮脂を増やさない方法の基本となります。
香水などでニオイを消そうとする方もいますが加齢臭と混ざりあって逆効果になることもあるので、あまり意識して使う必要はありません。
自分では分かりませんが、男性の体臭には異性をひきつけるフェロモンの役割がありますから、なるべく自然なニオイに対策するのがおすすめです。