紫外線対策

日焼け止めを塗る男性はおかしいですか?

周りの男性で日焼け止めを塗っている人を聞いたことがないので、「日焼け止めを塗るのはおかしいことなのか?」と心配になる方も多いようですね。
しかし、結論から言えば男性が日焼け止めを塗っていても何もおかしくありません

おそらく「男性で日焼け止めをするのはおかしい」というのは、30代以上のスキンケアをしてこなかった男性がほとんどでしょう。

女性の場合は日焼け止めを塗るのが当たり前なので、「むしろなぜ男性は日焼け止めを塗らないの?」と疑問に思っていることがほとんどです。
色白の男性の方が好きだという女性も多いですからね。
化粧はさすがにイヤだけど、日焼け止めぐらいはどうせバレないし、将来のことを考えると使っておくべきと考える方が多いようです。

しかし、30代以上のスキンケアの習慣がない男性にとっては、自分の習慣にない違和感のある行為なので「おかしい」と思ってしまうわけですね。

こういった方々の意見にあわせるのなら日焼け止めを塗るのはおかしいと言えますが、世間一般的な意見で言えば全くおかしなことはありません。

日焼け止めをしないと将来シミやシワができる

肌の劣化の原因の約60%が「紫外線」と言われるほど、紫外線は肌にダメージを与えます。
そして今はあまり実感がないかもしれませんが、10年後、20年後にその影響は目に見えるほどでてきます。

紫外線はシミやシワの原因になるので、外で仕事をされている方を見れば分かると思いますが、シミやシワが多いと思います。
このように紫外線対策をしている人としていない人では、30代40代で一気に差がついてしまうわけです。

男性でも、テレビに出ているような俳優や歌手、アイドル、タレント、モデルの肌が綺麗なのは、彼らが1年中を通して日焼け止めをしっかりと使っているからなんです。
普通の人の場合、5月ぐらいの暑くなりはじめた時期ぐらいから紫外線をきにしはじめますが、1年中通して日焼け止めクリームを塗っても何もおかしくないわけです。

将来「あの時もっとしっかりと紫外線対策しておけばよかった・・・」と後悔しないように、夏だけでも日焼け止めを使うようにしましょう。

関連記事:メンズ用のおすすめ日焼け止めクリーム